Factory

A strong, global industry focus backed-up by a comprehensive Go-to-Market approach

アトスのオペレーショナルエクセレンスの最も重要な点は、全業種でエンドトゥーエンドのサービスを提供することです。アウトソーシングや他の雇用モデルなどを通じてお客様と真の絆を築くことで、革新的ソリューションと当社のパートナーによるベストプラクティスを統合し、お客様のビジネスに対して現在と未来において価値の高い成果を保証します。

エネルギー&ユーティリティ


エネルギー企業とユーティリティ企業は、全ての業務でオペレーショナルエクセレンスの確立と持続が可能な場合にかぎり、競い合うことができます。現在では、器具やスマートメーターから実行ダッシュボードにリアルタイム情報を習得する能力が重要になっています。アトスは、こうした業種における専門家として30年以上の経験があります。また、エネルギー業界とユーティリティ業界のIT専門家が約3,000人おり、そのうち1,500人が専門のアトスワールドグリッドの部署に勤務しています。
対象となる市場は以下のとおりです。

 

政府・公共、ヘルスケア、運輸

「わずかな労力でより多くのことを実行する」は、依然として公共サービスにおける主テーマであり、ITサービスのプロビジョニングの新しいモデルに対するニーズの基本となっています。アプリケーションの近代化、安全なクラウドコンピューティング、共有サービスは、テクノロジーの変化ではなく文化やプロセスが最大の課題となることが多い業種では極めて重要になります。文化的多様性を深く理解することで、アトスは、プロセスとテクノロジーにおいて、政府、および医療や運輸サービスを提供する機関の有効なパートナーとなっています。
対象となる市場は以下のとおりです。

 

金融サービス

 

銀行や保険会社がさまざまな圧力に直面したとしても、こうした業種はいずれも、信用やお客様との絆を築く能力に長けていなければなりません。バックオフィスのプロセスの効率を最大限にするには、次第に複雑化しつつあるお客様への対応に重点を置いたリソースを解放する必要があります。アトスでは、急速に変化する時代を通じて、革新的な顧客エンゲージメントや客観的な運用効率を実現することで、世界のリーディングフィナンシャルサービス企業をサポートしています。
対象となる市場は以下のとおりです。

通信、メディア、テクノロジー

電気通信企業およびメディア企業は、デジタル時代における決定的な勢力です。つまり、デジタルの共同や通信は、現代を特徴付けるものです。従来のビジネスが損なわれるにつれ、企業は新たな収益源を求め、これらの業種の業務は競争が激化し、かなり耐え難いものになっています。アトスでは、新しいメディア管理とダイナミックな収益化に精通するための支援を行うことができます。
対象となる市場は以下のとおりです。

 

製造、流通、小売、サービス

 

今日の製造業、小売業、サービス業における成功は、価値連鎖を通じて全てのものをつなぐことができるかどうかにかかっています。アトスはこの方法を把握しています。当社は、単一プラントでの運用の最適化を支援し、事業全体に実用的な敏捷性を促進します。業界固有の生産プロセスやイノベーションプロセスの専門知識を、MESやPLMのスキルと組み合わせることで、製造業、小売業、サービス業のお客様に対して持続可能なビジネス価値を提供します。
対象となる市場は以下のとおりです。

 

お問い合わせ

Atos
More Info
trans-1-px
Our website uses cookies. By continuing to surf this website, you consent that we will continue using cookies to measure and understand how our web pages
are viewed and to improve the way our website works. If you do not agree, you can decide to disable cookies in your web browser as explained in our Privacy Policy
Accept cookies More Information